転職を成功させるために必要な勤続年数とは

勤続何年目くらいが転職の基準か

 職場を変えたいと思ったときに、ネックになるのが勤続年数です。やはり短い期間で仕事を変えてしまうと、人事担当者にとっては採用を控えたいと感じてしまうことが良く起こります。しかしながら、たくさんの仕事をしてスキルを万遍なく身につけている場合には、勤続年数が短い場合でも転職を成功できる確率はグンと高くなります。この差を決めるのは、経験してきた仕事の中身です。どんなに勤続年数が長くても、職場で即戦力にならないと判断されてしまったら、採用はなかなか見込めません。そういう意味で、転職をするのに勤続年数の基準は関係ないと言えます。

 

5年の経験は評価される

 一般的に同じ会社には最低でも3年は勤続するべきという話がよく聞かれます。確かに1年程度ではスキルが身に付きませんし、3年くらい経たないと責任のある仕事は任せてもらえません。こうした状況をかんがみた上での3年という数字なのですが、実際に人事担当者が評価をするのは5年が多くなります。転職の際には即戦力として組織ですぐに力を発揮してもらえる人材が求められますから、3年程度ではやはり企業側にとっては心もとない印象を持たれてしまいます。まずは、5年の勤続と責任ある立場の経験を積むことが重要です。