40代の転職でも、ポイントをおさえれば十分可能です

40代の転職は難しいのでしょうか

 一般的に、40代の転職は条件等が限られ、求人数も少なくなるため、20代や30代の転職と比較すると、不利と言わざるを得ません。しかし、40代だと転職がまったくできないかというと、それも間違いです。

 

 まず、企業の採用担当者も40代の転職希望者に対し、20代や30代の方とは違う視点で選考をしています。20代の転職希望者に関しては、これからの成長や素養、資質等を中心に見ています。そして、30代の転職希望者に関しては、実務を行う力とマネジメント力、そして職務への向上心などを見ています。一方、これらの方々とは違い、40代の転職希望者に関してはまず即戦力なのかどうかを見ています。そして、会社や採用する部署、または事業を成功に導いてくれるだけの力があるかどうかも採用のポイントなのです。

 

自分の棚卸し作業に力を入れましょう

 このように、40代の転職希望者には求められる力も大きくなるため、転職活動前の準備、つまり自分の棚卸し作業が非常に重要になってきます。その自分の棚卸し作業はまず、それまでの職務を振り返り、何を行ない、どんな点に気づき、何を学んだかを挙げていきます。そして、その経験から生まれた成果もまとめていき、アピールポイントを整理していきます。

 

 さらに自分の人生も振り返り、どんなことに興味や関心をいだき、その核となる気持ちを整理していきます。こうした作業は面倒なことかもしれませんが、深く考えると自分の強みや弱みがはっきりとわかってきて、後の応募書類作成や面接対策の際に、必ず役に立ちます。

 

求人情報を貪欲に探しましょう

 次に実際の転職活動ですが、ハローワークなどの求人ばかりでなく、自分に合った転職サイトにもいくつか登録することをおススメします。こうした転職サイトにはそこだけにしか掲載されていない求人も多数ある場合もあり、プロフィールや職務経歴を閲覧した企業から面接のスカウトメールをもらえることもあるからです。

 

 また、求人は出されていなくても、興味のある企業の採用担当者あてに直におねがいしに会いに行くという方法もあります。この場合、きちんとアポを取ることが社会人としての常識です。このように、40代でもポイントをおさえれば転職できるので、根気よく活動されることをおススメします。