高卒でも怖くない!やりたいことがないことは怖いけど…

高卒でも怖くない!やりたいことがないことは怖いけど…

高卒者というより大卒者でもこのデフレの中では就職の現状は厳しいです。

就職氷河期は一応過ぎはしましたが、会社は少しでも人を安く使いたい、安く使いたいというのが基本、あって大手の工場は海外移転で、まだ日本にある工場も、給料支払いも年金などを半分もたなくてもいいよう、パート化を推し進めているから今いる正社員すらどんな風な目で見られているか…いるけどギリギリのラインですよ。

 

 

就職の探し方においてはすごいハングリーに、今は自分への投資!と割り切って、何でもチャレンジ!という気構えで、今までの常識を覆すような感じでいた方がいいと思います。
大手企業への就職と言ったって、あれからさらに悪化は進み、アメリカ、イギリスも日本よりひどく、総務課、事務、キーパンチャーまで、ほとんどが中国、インド、東南アジアなどへ受注し、あの先進国の若者が勤め先が全然ないくらいなんですよ。
そのせいでこの前、若者中心にイギリスでもウォール街でもすごい暴動が起こりました。
めったにないことです。

 

 

アドバイスとしては、自分が生涯かける事の出来る「夢」を持つことです。
それがどんなに大きくて叶わないようなことであったとしても、その「好きな」事が精神的に追い詰められた時の自分を支えます。
働く期間は長いです。
私は独身で今48歳です。
ずっと働いていますが、まだまだ年金もらう70(多分65才じゃなくなってる)まで先です。
ここ!と決めて就職した会社だって、自分で思うほど長くはいませんでしたし、周りの人もここ!と思ったところを泣く泣くやめてったり、事情でいられなくなったりして長くいる人なんてせいぜい1人か2人です。どこも…
ひどいところは社長しか残らず、全員解雇の会社もあります。
経営赤字で。社長と重役か゛残っているだけです。
そのために、それ以外の人は「夢」があることが大切になってきます。
夢のために!このアルバイトなり仕事なり、勉強なりをしているんだ!と自負して生きれると他人に何か言われたとき強いんです。

 

ただのサラリーマンになりたい人は、本当はそんなにいないと思います。
もし、叶わないからと思って諦めていることがあったら、人生は長いのでそっちをあきらめず、何かで応援したり、たずさわったりしたほうが、役に立っている!という実感や価値観を味わえて幸せなのではないかと思います。
とにかくはみんな、就職をゴールにしないことです。