中小企業の転職こそ能力が求められる

中小企業の転職こそ能力が求められる

 大企業に入りたい、と思って学生の頃は就職活動をしていた記憶があります。それが叶わず中企業に採用。そこで働いてみて、さらに技術の向上ともっと欲を言えば収入をアップしてほしくて転職を考えました。

 

 大企業志向の人は未だに大勢います。転職セミナーに顔を出しているとよく分かりますが、セミナー内容も大企業を未だに安泰と表現している人がいますから、それを聞くと何となくそんな気になってしまうのも無理はないです。しかし、現実に大企業への転職は思うようにはいきませんからどうしても中小企業へ視野を広げるしかないのも現状です。

 

 ただ、ここに勘違いがあります。中小企業と聞けば、経験が安定しない、福利厚生が充実していない、など勝手なイメージを持っている人がいます。今の時代、そのような会社も確かにありますが、大企業であっても同じことが言えます。

 

 重要なことは自分の目で見ることです。そして中小企業こそ転職には難しいと知るべきです。中小企業は社員数が少ないですから採用できる数も絶対的に少なくなります。それでいて余計な経費はかけたくありませんから、より高度な人材を求めていることが多いです。

 

 そもそも、採用募集をすること自体、それが転職者に求人を出している以上は「能力」に関してはかなりの水準を求めます。一つのことばかりをしている時代ではありませんから中小企業も今まで以上に多彩なそれでいて有能な人材を欲しがっているのです。

 

 ですからそのことを忘れ、「仕方なく」なんて言う気持ちで転職活動をすると痛い目を見ます。

 

【お役立ちサイト】
フリーターの就職が可能な年齢
今の景気だから実現できる!フリーター・非正規雇用から就職への道。